VRoid

VRoidプロジェクト関連の開発に携われるコース

courses

VRoid Hub
VRoid Unity
VRoid

VRoid Hub

内容

VRoid Hubは、3Dキャラクターモデルを保有・公開・共有できるWebサービスです。登録したモデルを様々なアプリケーションから呼び出して利用する、Unity向け開発者ツールVRoid SDKと併せて提供しています。 3Dモデルを誰もがもつ「1人1アバター」の世界に置いて、人型3Dモデルに特化したプラットフォームが持つべき機能の提案、その開発を体験することができます。 Webフロントの経験があり、3Dモデルを扱う領域に関心のある方向けのコースです。

使用技術・条件

Ruby on Rails / MySQL / Redis / TypeScript / React / Redux / webpack / Jest / CSS / styled-components / WebGL / glTF / VRM / Three.js / three-vrm / Docker / C# / .NET Framework

コースのサービス規模

VRoid Hubは150万のモデルが登録されており、80万人を超えるモデル登録者が利用しております。そのなかでも、8割を海外ユーザーが占めています。

技術的挑戦

クリエイターの方々が、安全かつ魅力的に3Dモデルを配信するサービスを目指して開発しています。たとえば、ブラウザ上でVRMファイルを表示するビューワーの開発、パフォーマンス向上のためのモデルの軽量化、モデルのリッピング対策としてオンデマンドでのモデルの変換・配信を行ってきました。 ビューワーに関しては、一般的に利用可能なライブラリ@pixiv/three-vrmの公開・メンテナンスも行っています。

コースで出来る体験

ブラウザ上で3Dモデルを安全かつ魅力的に届けるというチャレンジに際し、様々な技術を深いレベルで理解・採用する取り組みを積極的に行っています。 時には、Three.jsのソースコードやglTFやVRMの仕様を読むことも必要です。 加えて、サーバサイド・フロントエンド問わず3Dモデルを扱うため、特定の領域に限定されない技術を学ぶことができます。SDKの開発を踏まえ、場合によってはUnityのC#やC++も書くこともあります。3Dモデルを軸に、新しい領域で経験を得ることも可能です。

開発環境としては、Dockerで簡単にセットアップできるように運用しています。また、フロントエンドのソースコードはほぼすべてReact/Redux/TypeScriptで記述しています。

メンター

FMS-Cat

猫。VRoidチーム所属のエンジニア。2018年11月に中途入社。WebGL・Three.jsを得意とする、Webの3DCGオールインエンジニアです。あと、VRMっていうアバターフォーマットの仕様策定とかもやってます。オンゲキの推し譜面はアリサのテーマMASTERと四月の雨MASTERです。

■実績

メンターからのメッセージ

TypeScript/Reactでのフロントエンド開発やブラウザでの3DCGのレンダリングに興味のある方、ご応募お待ちしております!

通常エントリーGitHubエントリー

※GitHubエントリーはGitHubのアカウント
のみでエントリーが可能です

VRoid

VRoid Unity

内容

VRoid Studioの新規機能開発や技術研究に取り組んでいただきます。 利用者にとって望ましかったり、あると面白い機能が何かを考えるところから、それを実現するための実装までの過程を体験することができます。 Unity開発経験があり、3DCG技術や関連する分野に興味のある方向けのコースです。

使用技術・条件

Unity / C#

コースのサービス規模

VRoid Studioは日本国内だけでなく、世界中でダウンロードされ利用されています。 1.0のリリース後は以前よりもさらに、日ごとのDL数やSteamでのアクティブユーザー数が増加しています。 Steamでは1300件もの好評レビューをいただいており、実装した成果が評価される実感を得ることができます。

技術的挑戦

3D創作を誰でも楽しめる世界を一緒に創りませんか? VRoid Studio/Mobile開発チームでは「1人1アバター」の未来の実現をUnityを利用して目指しています。 昨年10月にリリースしたVRoid Studio 1.0ではモデルの編集パラメータの増加や、プリセット機能・重ね着機能の追加など、β版の頃からさらに広い範囲の表現ができるように進化しました。 オンライン即売会『NEOKET』の開催に際しては会場の演出や空間の構築などをおこない、クリエイターとファンがオンラインで即売会を楽しめる環境を制作しています。 開発には、主にUnity/C#/XAMLを用いている他、3DCGにまつわる技術が多岐にわたって使われています。

コースで出来る体験

uGUI記述ライブラリMuxを使用し、VRoidの複雑なUIの実現を行っています。 3DCGツールの開発という普段のUnity開発ではなかなか体験できない実装をすることができ、幅広い知識を得ることが可能です。

メンター

shigechan

2021年4月新卒入社。VRoid Studio/Mobileチームに所属しています。NEOKETの空間演出の実装や、VRoid Studioの機能の実装をやっています。 Unity、C#のほか、VR、モーションキャプチャ技術などをよく触っています。 とあるVTuberさんの配信視聴が趣味です。

メンターからのメッセージ

一緒にせいいっぱいいいものを作っていきましょう!

※GitHubエントリーはGitHubのアカウント
のみでエントリーが可能です

other courses

基盤/プラットフォーム

プロダクトの根幹を担う技術の基盤に携われるコース

技術基盤

pixivウェブエンジニアリング

ImageFlux

広告配信

インフラ

機械学習

データ分析

Webサービス

プロダクトのバックエンド / フロントエンド開発に携われるコース

pixivリクエスト

pixivマンガ

pixiv Sketch

pixivFANBOX

BOOTH

pixivFACTORY

スマホアプリ

アプリ開発に携われるコース

iOSコース

Androidコース

通常エントリーGitHubエントリー

※GitHubエントリーはGitHubのアカウント
のみでエントリーが可能です

PAGETOP

プライバシーポリシー / お問い合わせ

Copyright ピクシブ株式会社