ABOUT

創作を支える
大規模サービスで
圧倒的な猛者になる

ピクシブ株式会社は「創作活動がもっと楽しくなる場所を創る」というミッションのもと、累計登録ユーザー数7900万人を超える「pixiv」をはじめ、現在15以上のサービス開発を進めています。

「PIXIV SUMMER BOOT CAMP 2022」では、大きく分けて4つのコース(全17コース)を用意し、本番環境のAPIを叩き、レビューをうけながら、実際に普段から社員が行っている業務にチャレンジすることができます。

技術の習得やチーム開発を通じて「圧倒的猛者になる」ことはもちろん、ピクシブの開発環境や社風を体験することが出来るインターンシップです。

この夏、実際に動いている大規模サービスの業務を経験してみませんか?

pixivについて詳しく

REQUIREMENTS

応募要項

実施日程
2022年7月1日(金)~9月30日(金)のうちの平日8日間
勤務時間
10:00~19:00(休憩1時間を含む)
エントリー期間
2022年5月16日(月) 13:00 ~ 2022年6月10日(金)23:59
参加形式

リモートもしくは対面形式を予定

※情勢を見て企業側で最終判断させていただきます

待遇

<インターン報酬>

期間中80,000円支給(1日10,000円)

<交通費>

通勤可能な場合は、インターン開催期間中の往復交通費

遠方からご参加の場合は、往復交通費とインターン開催期間中の宿泊施設を含めて当社負担で手配

対象

2024卒予定の高専・短大・大学・大学院・専門学校の学生

ピクシブへの就職を前向きに考えている方

選考フロー
1

書類選考

2

一次面接
(お申し込みいただいたインターンコースのメンターと面接)

3

内定

※GitHubエントリーはGitHubのアカウント
のみでエントリーが可能です

COURSES

下記コースより参加するコースを選び、エントリーしてください。

コースの詳細は下記リンクからご確認ください。

基盤/プラットフォーム

プロダクトの根幹を担う技術の基盤に携われるコース

技術基盤

pixivウェブエンジニアリング

ImageFlux

広告配信

インフラ

機械学習

データ分析

Webサービス

プロダクトのバックエンド/フロントエンド開発に携われるコース

pixivリクエスト

pixivマンガ

pixiv Sketch

pixivFANBOX

BOOTH

pixivFACTORY

スマホアプリ

アプリ開発に携われるコース

iOSコース

Androidコース

VRoid

VRoidプロジェクト関連の開発に携われるコース

VRoid Hub

VRoid Unity

Participants
Voice

過去開催したピクシブのインターンに参加した体験を、先輩社員のみなさんに語ってもらいました。実際の声から、ぜひピクシブインターンの魅力を感じ取ってください。

Webエンジニアとして
ステップアップできた
インターンシップ

2018年春インターン「技術基盤コース」参加

kuma

2018年春に開催された「PIXIV SPRING BOOT CAMP 2018」に技術基盤コースとして参加。その後2020年4月に新卒入社。ピクシブ入社後はpixiv小説チームでの開発に従事。現在はpixivFANBOXでエンジニアとして開発を行っています。

自分自身を圧倒的に成長させる良い機会になりました。

規模が大きく、ユーザーの声が直に届くサービスの開発に携われるインターンシップはないかと探していたところ、ピクシブの募集を見つけ応募しました。
技術基盤コースとして参加し、今回のインターンシップのメンターでもあるtadsanのもと、pixiv.netの巨大なコードベースと向き合うインターンシップでした。
短い期間ではありましたが、チーム開発のノウハウやテストについての知見が得られたり、第一線で活躍されているエンジニアの方に自身のコードをレビューしていただくなど、自分自身を圧倒的に成長させる良い機会になりました。
エンジニアリング要素だけではなく、ピクシブの「クリエイターと向き合う姿勢」であったり「仕事だけではなく遊び心を忘れない文化」など、ピクシブという会社の魅力を感じられる良いインターンシップでした。

圧倒的成長が
できました!

2020年春インターン「pixiv小説コース」参加

yto

2020年春に開催された「PIXIV SPRING BOOT CAMP 2020」のpixiv小説コースに参加。その後2021年4月に新卒入社。入社後はpixivのWebフロントエンドエンジニアとして、 pixiv小説チームで開発を行っています。

プロダクトと真剣に向き合う姿を感じることができました。

昔からpixivをよく利用していて、特に小説を読んだり書いたりすることが好きでした。大学に入ってweb開発をするようになり、いつかpixivの開発に関われたらいいな、と漠然とした憧れを持っていました。そんな中でピクシブのインターンシップの募集を見つけて応募し、小説コースで参加しました。
課題内容はpixivのユーザー検索の改善で、「作品投稿ユーザーのみ」で絞り込んだ際に小説のみの投稿ユーザーが検索に出ない、という問題を解決しました。膨大なデータ量を検索するSolrの仕組みについてや、負荷検証を行うための段階的リリースのやり方など、メンターさんに多くのことを教わりながら開発を進めました。
エンジニアリング以外でも、普段の雑談から小説の話題に発展したり、新規機能についてのアイディア出しを行う会に参加したり、などの機会を通じて、チームの風通しの良さやプロダクトと真剣に向き合う姿を感じることができました。
非常に学びの多い、楽しいインターンシップでした。

自分の限界に
挑戦できた
インターンシップ!

2019年夏インターン「VRoid Mobileコース」参加

uzimaru

2019年夏にVRoid Mobileチームでインターン参加。その後2021年4月に新卒入社。入社後は pixivのマンガチームでWebフロントエンドエンジニアとして開発を行っています。

自分が今までやってきたことを試す場にも、今まで経験の無いことを挑戦できる場にもなる

昔から知っているサービスで馴染みがあったことと、VRoidがUnityを使って面白いことをしていたので参加をしようと思いました。
インターンの課題は、Muxという社内のuGUI記述ライブラリを使って、汎用的なツールチップのコンポーネントを作成するというものでした。この課題で、WebフロントエンドのようにソースコードからuGUIを作成するメリットや、Unityでゲームではなくアプリケーションを作るという体験をすることができました。
また内製ライブラリで、当時はOSSになっておらず限られた情報から使い方を学んで短い期間で実装するということも体験しました。そのおかげで初見のライブラリでも要点を掴んで実装をしたり、短期間で実装しきる力がついたと思います。
ピクシブのインターンは自分が今までやってきたことを試す場にも、今まで経験の無いことを挑戦できる場にもなるので、圧倒的猛者になりたい人にオススメです!! 

あなたの参加を
お待ちしております。

※GitHubエントリーはGitHubのアカウント
のみでエントリーが可能です

PAGETOP

プライバシーポリシー / お問い合わせ

Copyright ピクシブ株式会社